Top | 歌声ペトラとは | 歌声ペトラカフェ | 楽曲一覧 | DISCOGRAPHY | MOVIE | Facebook

・歌声ペトラとは

 1996年ごろになりますが、大塚野百合さんのお書きになった「賛美歌・聖歌ものがたり」(創元社 1995/12出版 ISBN:4422143530)という本の中に、現在多くの教会で歌われている賛美歌や聖歌の作者の中には、生涯に1,000曲、2,000曲、3,000曲もの賛美歌を作られた方がいることが書かれてありました。それは私に衝撃をもたらしました。もっと日常的に賛美歌が生まれる心、それを持ちたいと思ったわけです。まずは1,000曲か・・・・、と心に思い始めたある日のこと、私がクリスチャンになった頃、色々とお世話になった関根一夫牧師と会う機会がありました。関根先生は自らもギターを弾いたり、歌ったり、訳詞を手がけたりしたことのある方なので、実際はちょっとひやかし半分で「先生も昔の賛美歌の作者達のように、1,000曲とか作ったらいいじゃないですか」と言ったところ、「いいよ! じゃ岩渕君さ、曲つけて」という思わぬ展開となり、私は「い、いいですよ」と答えたのです。これは野火止街道沿いにあるアイホップでの出来事。
  それから早速、私達の歌作りが始まりまして、一夫先生からメールで詩が送られてくるようになりました。ほぼ一月に1曲のペースで作りつづけています。自分達でいうのもなんですが、今まで聞いたことのない感じの賛美歌たちが生まれてきています。その歌を発表する場所として「歌声ペトラ」があるわけです。
  では歌声ペトラの集まりについて説明します。まずはマイクもなにも使わずに、集まってくださった方々と輪になるような感じで座ります。ソングリーダーは市原氏、涙のドラマーである市原氏は、ひとつひとつの歌に感動しながらリードしてゆきます。伴奏は西原氏のアップライトピアノと私のアコギ。会場の皆様には楽譜が配られ、もしも楽譜が得意な方ならば楽譜を見ながらハーモニーをつけたりすることもできます。即席のコーラスグループの練習日というような感じなのが「歌声ペトラ」です。
  30分ほど歌ったところで関根先生のお話。お話は20分ぐらいの短い時間ですが、一夫先生の生き様、というよりも神と共に生きることにハングリーな心にふれられる貴重な時間です。一夫先生は認知症の老人の方々のためのアートセラピーのチームでも働きをしているのですが、お話の中で、小さな出会いを大切にしていることがよくわかります。
  一夫先生のお話が終わったところで、私が作曲者として少しだけお話をするのですが、ほとんどお話をすることがなくお茶をにごして西原氏にバトンタッチをします。西原氏の歌唱指導は指導漫談とでも言うべきもので、息継ぎをする間もなく歌と笑いがおしよせるという、前人未到、天声人語、閉店直後というものです。この時間のファンも多いですよ。30分ほどで4声のコーラスができあがり、即席のハーモニーに、一同満足。
  そして締めは市原氏の涙のソングリード。最後のGOD BLESS YOUを歌う頃にはみんなお友達という感じになってしまいます。歌うことの好きな方はお気軽に「歌声ペトラ」に来てくださいね。待ってます!
By 岩渕まこと

・関根一夫(作詞)

●ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ牧師
●東北福祉大学感性福祉研究所研究員
●臨床美術ファミリーカウンセラー
●歌声ペトラ代表、そして歌声ペトラの作詞を担当

1949年埼玉県生まれ
1972年日本大学文理学部哲学科卒業
1975年南オーストラリア聖書大学卒業
1982年聖契神学校研究科修了
1985年日本大学大学院哲学専攻博士前期課程修了
著書:いてくれてありがとう。(マカリオス)

福音伝道教団鹿沼キリスト教会牧師、お茶の水クリスチャンセンター主事、東京コンピュータ専門学校校長など歴任、現在、MACF牧師。認知症リハビリプログラム、アートセラピーのファミリー カウンセラー、ファミリーサポーターであり、東北福祉大学感性福祉研究所研究員。犬好きの作詞家でもある。

●関根一夫公式サイト

・岩渕まこと(作曲)

●賛美歌うたいのフォーク・シンガー
●歌声ペトラの作曲を担当

1977年、日本コロムビアよりシンガーソングライターとしてデビュー。演奏活動以外に、CMソングやドラえもんの映画『のび太の宇宙開拓史』他の主題歌も歌っている。
1980年、小坂忠氏とデュオで活動を始める。長女を天に送る経験を通して生まれた曲「父の涙」は多くの方々に愛聴されている。
1996年再びソロ活動開始。チャーチコンサートやライブ活動の他に「歌声ペトラ」という新しい賛美歌を作り歌う会を開催してきた。「歌声ペトラ」の代表曲に『GOD BLESS YOU』がある。
2007年、詩画作家、星野富弘さんの詩を歌うCD「ぺんぺん草のうた』、2008年『日日草のうた』、2009年『サフランのうた』をリリース。
2008年、横田早紀江さん作詞の「コスモスのように」を作曲。岩渕由美子が歌った。
2009年、初の著作、エッセイ「気分は各駅停車」を発表。
2011年の東日本大震災後に『東北応援団 LOVE EAST』を結成し、東北への支援活動を開始。同年12月、岩渕由美子とのデュエットアルバム「北上夜曲」をリリース。
2012年デビュー35周年を迎え、仙台、大阪、東京で記念コンサートを開催。また東京基督教大学非常勤講師としてギターとウクレレを教え始める。
現在までに30タイトルを超えるCDを発表。最新アルバムは2018年リリースの『風に乗って』

●岩渕まこと公式サイト